星からだったり守護霊からだったり占いの答えの出し方は様々なので当たるまで色々試してみよう!

人は大きさに関わらず多くの悩みを抱え、どうしようもなくなったときに、「占い」という非科学的なものに頼ろうとします。また、運命を信じたり夢を見たりする女性の中には、占いが好きな方も多く、本や雑誌にはさまざまな種類の占いが存在します。

もちろん、恋愛関係の相性占いもその筆頭です。その際、多くの占いにおいて必要とされるのが「生年月日」です。最近では、何時に生まれたのか、何曜日に生まれたのかなど、ことこまかく生まれた日時を指定させようとする占いもあります。それほど、生年月日は人の運命を見る上で、非常に大事な情報になるのです。

もちろん、同じ誕生日に生まれた人が同じ性格になるとか、同じ運命をたどるとか、そういうわけではありません。ただ、広い宇宙の中にあるこの地球で、宇宙の中の物質の一つである人間が生まれた日が、人の人格を形成する上で大きな役割を担っていると考えても不思議ではないでしょう。

数多くの星に囲まれて生きているわけですから、その中に生きる私たちの運命が、星によって導かれている可能性は、決して少なくはないのです。長い長い歴史の中で、人間は星とともにありました。電気がなく、ガスもなく、夜は早いうちからまっくらになっていた古い時代にも、星は私たちを見ていたのです。

手の届かないところで輝いている星を、先代たちは占いの手段として用いてきました。科学が発達しておらず、医療技術もなく、飢饉や病気がいつはやるか分からない時代に、神は畏敬の対象で、だからこそ、人でないものに頼り、どうにかして運命を切り開こうとする人たちがでてきたのです。

自分を知り、運命を知り、道を開く。占いにおけるこの「自分を知る」という部分で、生年月日は大切な役割を持っています。